人気ブログランキング |

茨城県旧大洋村に月3〜4回通っての菜園生活に終止符を打ちましたが、いまも町田の自宅近くに小さな畑を借りて,野菜づくりを続けています。菜園のこと、釣りや歴史散歩を中心にこのブログを続けています。
by sm-116
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
釣り
読書
旅行or小さな旅
家庭菜園の記録
岡上の畑から
菜園だより(旧大洋村)
暮らしの中から
その他
未分類
ライフログ

言霊 大伴家持伝


堂島出世物語


はだれ雪


いのちの米 堂島物語


堂島物語


草雲雀


北条早雲 - 疾風怒濤篇 (単行本)


蝶のゆくへ


箱根の坂(下)


箱根の坂(中)


泣き童子 三島屋変調百物語参之続


箱根の坂(上)


年月日


禊の塔―羽黒山五重塔仄聞


見残しの塔―周防国五重塔縁起


空山 風と火のチベット (コレクション中国同時代小説 1)


盗みは人のためならず


日輪(ひ)の神女(かむめ)


柳は萌ゆる


光降る丘

以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
歴史探偵の気分になれるウ..
by omachi at 20:17
 こちらに返事を書いたの..
by sm-116 at 22:03
突然、失礼します。霞ヶ浦..
by しまざき at 22:19
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 03:11
z50q2an7 ann..
by EnzyncIncow at 23:42
nt0brc7j nat..
by Fleellsmacy at 02:24
Pożyczki bez..
by RobertMl at 20:12
突然、すみません。 ..
by 野口孝行 at 14:44
お立ち寄りいただき、うれ..
by sm-116 at 21:16
迷追いこんだところ素敵な..
by 鈴音 at 20:46
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
家庭菜園
釣り
画像一覧

夏野菜の収穫と秋に向けての準備

 8月の家庭菜園 〜 その2

 暑さを避けて夕方に行くことが多かったのですが、8月の後半もナスやピーマンなど夏野菜の収穫で毎日のように菜園がよいを続けました。
 秋に向けての畑の準備も進めてきたのですが、写真を撮ることを怠けてしまい、今回は文字だけの報告になってしまいました。
◎収穫
 ・キュウリ、トマト、ピーマン、ナス、オクラなど
 〜ナスはいったん切り戻しをしました。結果は良かったようです。
 〜キュウリとトマトは8月下旬には撤去しました。
 ・ニンジン、ネギ、ニラ等の収穫
◎畑の準備
 ・カボチャ、インゲン、ジャガイモ、ハクサイ、キャベツなど予定地の土起こしと苦土石灰入れ
◎種蒔き、苗植え付け
 ・「マンズナル」(インゲン)の苗植え付け
 ・秋ジャガ(デジマ)植え付け
 ・カボチャ苗植え付け



# by sm-116 | 2019-09-12 21:20 | 家庭菜園の記録 | Trackback | Comments(0)

猛暑の中、秋に向けての準備

 岡上の畑 〜 8月19日(月)、8月23日(金)、8月29日(木)、9月4日(水)

e0019686_15422386.jpg
 畑自体もそうですが、畑まわりも草だらけです。通常の作業日だけではなかなか厳しく、畑まわりの草刈りを中心に特別な作業日を作って頑張りました。少しはさっぱりしましたが、なかなかスッキリとはしきれません。
 猛暑が続きましたが、秋に向けての準備も進めています。
◎収穫 … ゴーヤー、ナス、トマト、アシタバ、カボチャ
e0019686_15493925.jpg
e0019686_15490490.jpg
 〜カボチャは小型の栗カボチャで、棚を作って栽培しました、一人一個ずつは持ち帰れました。
  白いゴーヤーは初めてですが、上出来です。
◎畑の準備 … 土起こし(苦土石灰混入)
 〜とりあえず、キャベツや白菜、ダイコンの予定地の土起こしです。
◎種蒔き等 … アシタバ苗植え付け、エシャレット・ニンニク植え付け
 〜日照時間の短いところにアシタバを植えてみましたが、何とか育っています。そこで新たに、15株ほど植え付けました。
◎畑の管理 … 草むしり、草刈り
 〜サツマイモもつる返しをしながら1回目の除草をしました。


# by sm-116 | 2019-09-08 15:59 | 岡上の畑から | Trackback | Comments(0)

アマダイ釣り

 K釣りクラブ、久々の例会。猛暑の時期を避けての例会で、久里浜港「己之助丸」乗合船でアマダイを狙う。参加者は4人。
 この日は最高気温32度で結構暑かったが、何とかしのぎながらの釣りとなる。潮も風も穏やかで、暑さを除けば絶好の釣り日和。
 釣り場は剣崎沖で、水深80〜100m。本命のアマダイは数が出なかったが、何かしら魚信があり楽しめる。
e0019686_20405914.jpg
 本命のアマダイは2尾(ともに33cm)。
e0019686_20423577.jpg
 外道で、キダイが6尾、サバが3尾など。
 その他、トタギスなどが多数かかったが全て海に返す。
 なお・同行諸氏の釣果ですが(アマダイだけ)、S氏5尾(最高48cmの大物を含む)、MA氏2尾、MI氏1尾とそれぞれに型を見る。


# by sm-116 | 2019-09-04 20:48 | 釣り | Trackback | Comments(0)

「ブラックのジョー」、豊作でした。

 8月の家庭菜園 〜 その1
e0019686_09410887.jpg
 サカタのタネが昨年から売り出したカボチャ「ブラックのジョー」を順次収穫しました。5株を植え付けたのですが、合計20個収穫することができました。梅雨明け頃から全面うどん粉病にかかってしまい、出来が心配だったのですが、結果的には期待以上の出来で満足しています。
 早速食べてみましたが、ホクホク感とねっとり感が程よく調和していて、煮付けでも天ぷらでも大変美味しくいただきました。

◎収穫
・カボチャ
・ナス
e0019686_09491519.jpg
 〜小ナス(丸ナス)は、私のこだわりで、漬物にすると最高です。
・トマト、ピーマン、キュウリ
・オクラ
e0019686_09513163.jpg
・ゴボウ、ニンジン
・ネギ 〜3月に植え付けたものです。
・マンズナル 〜インゲンの一種、「まんず、よくなる」から名付けられたという。
◎畑の管理
・落花生追肥、土寄せ、ネット張り
 〜ネットは獣(ハクビシン)対策です。
・ネギ追肥、土寄せ
・ナスの枝の切り戻し、追肥
・除草
 〜眺めの梅雨が明けて畑は雑草が 思い切り繁茂していました。なんとか綺麗にしようと草むしりに精をだし、お盆前に一通り終えることができました。



# by sm-116 | 2019-08-19 09:59 | 家庭菜園の記録 | Trackback | Comments(0)

熱中症に気をつけながら

 岡上の畑 〜 7月28日(日)、8月4日(日)、8月8日(木)、8月12日(月)

 7月後半の梅雨明けとともに、猛暑日が続きました。熱中症に気をつけながらの作業です。
 夏場は9時集合で作業を進めていますが、その時点でもう気温は30度を超えています。10時半頃までの作業時間ですが、決して無理をせずにそれぞれの体力に応じて作業を進めてきました。
 休憩時間も十分取りながらですが、休憩場所を少しでも涼しくしようと、今年はゴーヤーで緑の日陰を作りました。例年よりは快適に休憩できます。
e0019686_20344116.jpg
e0019686_20345961.jpg
◎収穫
・トマト、ナス、ゴーヤー
◎畑の管理
・除草、草刈り
 〜畑も畑まわりも草だらけ。作業美のたびに暑さに耐えて除草作業が続きます。

# by sm-116 | 2019-08-13 20:41 | 岡上の畑から | Trackback | Comments(0)

「楊花飛ぶ」を読む

副題  原采蘋評伝
著者  小谷喜久江
出版  九夏社(2018年10月30日 第1刷発行)

e0019686_10151798.png 図書館の新刊書コーナーでたまたま目にして読む。
 原采蘋は幕末に活躍した女性漢詩人。福岡秋月藩に生まれ、父親の影響を受け、漢詩文に磨きをかける。父親の遺言を胸に、日本全国を旅して回る。行く先々で、儒学や漢詩文を嗜む人々と交流し、漢詩を作り、あるいは講義したりする。合間に酒の席にも男性と対等に付き合う。
 漢詩というジャンルの詩文、一部中国の古典以外には私たちにはあまり馴染みのないものなので、多くの作品が紹介されているが、意訳されたもので味あうしかない。江戸時代でも難解さにおいては変わらなかったのだろうか。これが、短歌や俳句だったらもっと親しみやすかったのではと思う。
 女性に対する社会的な規範、あるいは女性差別意識をはねのけて、男性中心の儒学の体制の中を敢然と歩む姿に爽やかさを感じる。
 采蘋の歩んだ人生を通して、江戸末期の学問や教育の場、あるいは人間模様が伺えて興味深く読む。


# by sm-116 | 2019-08-10 10:29 | 読書 | Trackback | Comments(0)

「百姓一揆」を読む

著者  若尾政希(一橋大学大学院教授)
出版  岩波新書(2018年11月20日 第1刷発行)
e0019686_17314552.png

 著者は本書のねらいを次のように言う。
「百姓一揆は、幕藩領主層や地方役人と、百姓との関係のなかで起きるのであって、百姓一揆について叙述することは、時代や社会の全体を描くことである。本書は、百姓一揆の歴史像を問い直すことによって、日本の近世がどのような時代であったのかを考え直そうとするものである。」
 著者は、これまでの百姓一揆研究の歩みから、百姓一揆とは日本の歴史のなかで培われてきた革命の伝統という考え方(百姓一揆=革命的伝統論)から決別した上で、その本質に迫ろうとする。
 そして、百姓一揆の記録を読むなかで「百姓が強訴せざるをえない状況に追い込まれるほどに、治者と被治者の関係も険悪になるが、最後はあるべき仁政が回復されて、めでたしで幕引きとなる、それが百姓一揆の一般的な姿であるという。そしてその根底にあるものが江戸時代に広く広まっていた軍記物、就中「太平記」と「太平記評判利尽鈔」だという。
 確かに面白い見方だとは思うが、一揆の中心人物として磔になった人たちの思いとかにもっと目を向けて描いて欲しかったという感じが残る。



# by sm-116 | 2019-08-08 17:45 | 読書 | Trackback | Comments(0)

夏野菜の収穫続く

 7月の家庭菜園 〜 その2
e0019686_20365925.jpg
 長かった梅雨もようやく明け、今度は猛暑続きです。梅雨の時期には、雨を避けながらの畑通いでしたが、猛暑に移ってからは夕方の4時過ぎ頃からの畑通いです。
 ナス、トマト、ピーマン、キュウリ、オクラといった夏野菜が収穫の最盛期で、毎日のように収穫に通っています。
◎収穫
・ナス〜普通のナスのほか、「うす皮味丸」と名付けられた小ナスを育てています。歯ごたえがよく、漬物用です。種から育てました。
e0019686_20542777.jpg
・トマト〜ホームセンターで購入した「桃太郎」と種から育てた「オレンジアイコ」です。「オレンジアイコ」はサカタのタネ通販で種を購入しましたが、今年初めて売り出した新品種とのこと。
・ピーマン〜これも種から育てました。たくさん収穫できます。
・キュウリ〜2回に分けて種を蒔きました。キュウリは育ちが早いので、油断するとすぐに大きくなりすぎます・オクラ〜苗を3本購入して植え付けました。
・ニンジン、ゴボウ
・小松菜、チンゲンサイ〜白カビ病にやられています。
・カボチャ〜うどんこ病で葉がしおれてしまいました。試しに収穫したものを食べてみましたが、まあまあの出来のようです。
e0019686_20582210.jpg
・インゲン〜「マンズナル」と名付けられた品種です。
◎管理
・除草〜長引いた梅雨で除草がなかなか追いつきません。とにかくものすごい勢いで雑草が育ちます。
・ネギ追肥、土寄せ
・畑まわりの整備など



# by sm-116 | 2019-08-02 21:02 | 家庭菜園の記録 | Trackback | Comments(0)

ジャガイモは不作!

 岡上の畑 〜 7月3日(水)、10日(水)、21日(日)

 7月10日にジャガイモを掘り起こしました。これまでで最悪の出来でした。
 その理由は、植え付け直後に害獣(ハクビシンまたはタヌキ)なのかカラスなのか、掘り起こされたりかじられたりして全滅状態になってしまったからです。それに気づいて、ホームセンターで売れ残っていた種イモを買い集めて、後から植え替えたのですが時期が遅れてしまい、何とか少しだけ収穫できた次第です。
 来年からは何とか方策を考えなければなりません。
●収穫 〜 小松菜、コカブ、ダイコン、ジャガイモ、ナス、トマト、明日葉
e0019686_20444223.jpg
●種まきなど 〜 ニンジン、ゴボウ
e0019686_20460269.jpg
 ニンジンは「ベーターリッチ」、コーティング種を使っています。
●畑の管理 〜 除草
e0019686_20480668.jpg
 サツマイモが順調に根付いています。第1回目の除草とつる返しをしました。
 畑は草だらけですが、雨模様の日が多くなかなか思ったようには除草作業が進みません。



# by sm-116 | 2019-07-26 20:51 | 岡上の畑から | Trackback | Comments(0)

アジ釣り〜ほどほどの釣果

 7月22日、K釣りクラブの例会で、新安浦港「こうゆう丸」乗合船で午前半日のアジ釣りに。
 梅雨空が幸いして、この時期としては快適な釣り日和。風も波も穏やか。
 釣り場は、船宿から10分ほどの近場猿島沖で、水深は25m。手巻きリールで引きを楽しみながらの釣り。
 朝のうちは次々と上がったが、その後1時間ほどは食いが止まる。後半になって多少活性が出てきてボチボチだが上がる。
e0019686_20133495.jpg
 結局、釣果は20〜26cmのアジ24尾。食べ頃サイズで、ほどほどの釣果と言うべきか。
 10尾はご近所におすそ分け。残りは刺身、しめ味、煮魚、焼き魚で味わう。東京湾のアジの美味しさにお酒と食がすすむ。



# by sm-116 | 2019-07-26 20:18 | 釣り | Trackback | Comments(0)